物流・ハブ

シンガポール航空、東・東南ア主要都市路線、24年3月までにコロナ前の水準

投稿日:

シンガポール航空は2022年11月22日、シンガポールと東アジア、東南アジア主要都市路線を増便し、釜山路線を復便すると発表した。

シンガポールと、大阪、名古屋、福岡や、釜山、ソウル、台北、バンコク、クアラルンプール、シェムリアップ(カンボジア)、ハノイ、ホーチミンシティなどの都市を結ぶ運航便数は2024年3月までにコロナ前またはそれ以上の水準となる予定。

シンガポール新聞の取材に対して、シンガポール航空の担当者は、「名古屋路線と福岡路線は、夏期スケジュールもそれぞれ週3便の運航を継続するが、時機を見てコロナ前のレベルまで戻す」と補足した。

大阪路線は2023年3月26日(日)~4月30日(日)の期間、SQ618便、SQ619便のみデイリー運航から週4便に変更し合計で週11便となるが、2023年5月1日(月)より再び毎日2便となる。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.