進出・出資・撤退

三井化学、Mitsui Phenols Singapore社の全株式を英INEOS社に譲渡

投稿日:

三井化学は2022年8月26日開いた取締役会でシンガポールの連結子会社Mitsui Phenols Singapore Pte.Ltd.(MPS)の全株式を2023年3月に英INEOS Holdings Limited(Group General Counsel:Jonny Ginns)に譲渡することを決議した。譲渡価額は3億3,000万米ドル。同日発表した。

MPSは1999年の設立以来、シンガポールでフェノール事業(フェノール、アセトン、ビスフェノールA、α-メチルスチレン)を展開している。

三井化学は長期経営計画「VISION 2030」で、フェノール事業を再構築対象の一つと位置付け、ライトアセット化を方策の一つとして収益変動の低減を目指してきた。MPSの運営は他社との協業も含めて検討してきたが、フェノール事業規模で世界大手のINEOS社に対してMPSの全株式を譲渡することが最善との結論に至ったという。

2023年3月期の連結財務諸表に与える影響は精査中。

三井化学は、フェノール事業の他拠点(日本/大阪工場、市原工場、中国/上海:上海中石化三井化工有限公司)は引き続き運営を行うとしている。

<株式譲渡のスケジュール>
2022年8月26日 取締役会で決議
2022年8月末 株式譲渡に関する契約書締結(予定)
2023年2月末 三井物産から三井化学へMPSの5%分株式を譲渡(予定)
2023年3月1日 三井化学からINEOS社へMPSの全保有株式を譲渡(予定)

◇Mitsui Phenols Singapore Pte.Ltd.(略称:MPS)
【本社所在地】3 HarbourFront Place,#10-01, HarbourFront Tower 2
【 社長 】桑島 雅喜
【出資比率】三井化学95%、三井物産5%
【 資本金  】1億1,996万5,111.6米ドル
【事業内容】フェノール及び誘導品の製造・販売(フェノール、アセトン、ビスフェノールA、α-メチルスチレン)
【 沿革 】
1997年 Mitsui Bisphenol Singapore Pte.Ltd.設立(MBS)
1999年 Mitsui Phenol Singapore Pte.Ltd.設立(MPHS)
2006年 MPHSがMBSを吸収合併し、Mitsui Phenols Singapore Pte.Ltd.に名称変更

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.