総合

日本経済新聞社、アジア本社にSpecial Executive Officer新設、ネオ氏が就任

投稿日:

日本経済新聞社は2022年7月1日、同日付でアジア地域本部であるシンガポール法人Nikkei Group Asia Pte LtdのSpecial Executive Officerにダリル・ネオ氏が就任したと発表した。

ネオ氏はシンガポール取引所を経て、シンガポールでデータテクノロジー企業DC Frontiers社を創業。現在、Founding Director兼CEOを務めている。DC Frontiers社は「Handshakes」のブランド名で事業を展開している。

日本経済新聞社が海外にSpecial Executive Officerを起用するのは今回が初めて。アジアの金融領域に精通した起業家であるネオ氏を起用することで、英文情報プラットフォーム「scoutAsia(スカウトアジア)」など海外向けサービス・ソリューション事業の成長を加速させる。

スカウトアジアは2018年に日本経済新聞社とフィナンシャル・タイムズが共同開発したアジアに特化したニュース・企業情報のプラットフォームで、2019年にDC Frontiers社をパートナーに迎え、データや記事を処理するAI技術の強化と、新たな商品形態としてのオーダーメイドのデータソリューションの提供をスタートした。

ネオ氏は、スカウトアジアの世界販売を担当していた日経FTスカウトアジア社(香港)のチーフ・コマーシャル・オフィサーとしても事業の成功に貢献したという。

日本経済新聞社は2019年よりDC Frontiers社と資本業務提携を結んでいる。

※関連記事「日本経済新聞社、シンガポールAIベンチャーと資本業務提携、scoutAsia強化

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.