総合

独BASF、シンガポールでの酸化防止剤『Irganox® 1010』生産能力を拡大

投稿日:

総合化学メーカーの独BASFは、シンガポールのジュロン島の拠点の既存生産施設に設備を追加することにより、酸化防止剤『Irganox®(イルガノックス)1010』の生産能力を2倍に拡大した。アジア太平洋と中東での需要増に対応する。BASFジャパンが2022年6月9日発表した。

Irganox®1010は、ヒンダードフェノール系の一次酸化防止剤で、熱酸化分解からプラスチックを保護する。主にポリオレフィンに使用されるが、ポリアセタール、ポリアミド、ポリウレタン、ポリエステル、PVC(ポリ塩化ビニル)、ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)や、ブチルゴムや合成ゴムなどのエラストマーにも推奨される製品という。

酸化防止剤Irganox®

BASFのアジア太平洋地域パフォーマンス・ケミカルズ事業本部のハーマン・アルトフ上級副社長は「生産能力を拡大することにより、需要の増加に対応し、顧客の成長計画をサポートできる。シンガポールへの投資は、フェノール系酸化防止剤のリーディングサプライヤーとしてのBASFの地位を明確に示している」とコメントした。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.