総合

シンガポールと日本のサッカー協会、ハイレベル協力関係を継続、覚書を更新

投稿日:

シンガポールサッカー協会(FAS)と日本サッカー協会(JFA)は2022年4月1日、両国のサッカーのさらなる発展に向けた協力を継続することとし、覚書(MOU)を更新した。

調印式は、FIFAワールドカップ・カタール2022の組み合わせ抽選会に先立ち、カタール・ドーハのフォーシーズンズホテルで行われ、FASのリム・キアトン会長とJFAの田嶋幸三会長が署名した。

両国サッカー協会は2011年4月に初めてMOUを締結。2015年2月に6年間更新し、今回、さらに3年間更新した。

今回のMOUには、組織的なサッカー育成システムを通じたあらゆるレベルのシンガポールサッカーの水準向上に取り組むことが盛り込まれている。

具体的には、スクールプログラム、コーチ教育、交換・派遣プログラム、ユース・シニアレベルの親善試合や国際試合で協力し、サッカー科学・医学、審判教育、サッカー行政、商業・ビジネス機会などでも相互利益を促進する。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.