スマートシティ・通信

NTTグループ、シンガポールDBS銀行と無人店舗のスマート化に向け協業

投稿日:

NTTグループ(日本電信電話、NTT DATA Services、NTT Ltd)とシンガポールのDBS銀行は2022年2月17日、シンガポール国内の銀行の24時間営業の無人店舗における新型コロナウイルス感染症対策の一環として、NTTグループのスマートソリューションの導入・試行運用を開始したと発表した。

NTTグループは今回の協業を通じて、映像解析技術やAIロボットを活用した感染症対策、カスタマーエクスペリエンスの向上、感染症対策規則の遵守および店舗の業務効率化の実現を目指す。

具体的には、店舗内に設置するセンサー・カメラから得られるデータをもとに、検温、ソーシャルディスタンス確保、マスク着用チェック、混雑把握等の解析・検知を行い、その結果に基づき、店舗内に設置されるAIアシスタントロボットがマスク未着用者へのアラート、混雑時の密回避アナウンス等、店舗内での感染症対策業務を実施する。

あわせて不審者や不審物等の検知なども行い、無人店舗でも有人店舗と同等の感染症対策を徹底しつつ、24時間365日利用者が安心して来店できる環境を実現する。

また、解析・検知結果はクラウド上のダッシュボードで蓄積・見える化され、DBS銀行の中央管理センター等で店舗状況が一元管理できるという。

NTTは今後、プロジェクトの成果検証を通じて、同分野でのソリューション展開を検討していくとしている。

-スマートシティ・通信

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.