総合

花王、シンガポール企業との合弁企業がスマトラ島に脂肪酸製造の新工場

投稿日:

花王は2019年5月13日、シンガポールに本社を置き主にアジア地域で油脂および油脂誘導体を製造・販売しているApical Group Limited(アピカルグループ)とのインドネシアにおける脂肪酸製造合弁会社PT Apical Kao Chemicals(アピカル花王ケミカルズ)がスマトラ島に建設していた新工場が同日竣工したと発表した。初期投資額は約8,000万米ドル(約90億円)。

新工場竣工式  提供・花王

花王グループは、新工場完成により生産能力増強を図り、競争力ある油脂製品を製造し、安定供給を進めることでケミカル事業の拡大を目指す。

アピカル花王ケミカルズの概要は下記の通り。

【 社名 】アピカル花王ケミカルズ(PT Apical Kao Chemicals.)
【 所在地 】インドネシア スマトラ島 リアウ州 ドゥマイ市
【 設立 】2017年1月
【出資比率】アピカルグループ65%、花王35%
【敷地面積】約44,000m2
【生産品目】脂肪酸

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.