総合

ダイダン、シンガポールChangi Airport Groupに賛同、インドネシア医療支援

更新日:

ダイダン(大阪市西区)は、シンガポールChangi Airport Group(CAG)の呼びかけに賛同し、インドネシアの医療支援活動に寄付を行った。2021年9月17日発表した。

CAGは、インドネシアでCOVID-19の感染者数が増加し、医療態勢が悪化している事態を受けて、パートナー企業に医療支援への協力を呼びかけた。ダイダンは10万6,000シンガポールドル(約860万円)を寄付した。

CAGは、インドネシアへの直近の支援として、呼吸器疾患患者への治療をサポートするための酸素濃縮器1,380個を送った。

ダイダンは長年、CAGのパートナーとして空港施設の電気、空調設備のリニューアルやメンテナンスを手掛けてきた。

CAGによると、2019年時点で、シンガポールはインドネシア13都市と航空路で結ばれていた。シンガポール=ジャカルタ間は週260便以上が運航し、世界で最も往来が盛んな航空路の一つとなっていた。シンガポール=インドネシア間の旅客移動は年間400万人を超えていた。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.