総合

日本政府、新型コロナ対策でアジア欧州財団備蓄の防護ガウン等ベトナムに提供

更新日:

日本政府は、新型コロナ感染症に対する支援の一環として、日本からの拠出金によりアジア欧州財団(ASEF)が備蓄する物資のうち、防護ガウン等5種類約7万6,000点をベトナムに提供することを承認した。外務省(日本)が2021年9月16日発表した。

内訳は、消毒液2,560本、防護ガウン6,920着、防護スーツ19,800着、外科用マスク20,800枚、検査手袋26,800点。

これらの支援物資は、今後、WHO西太平洋地域事務局(WPRO)との調整のもと、備蓄場所のシンガポールからベトナムに輸送される。

アジア欧州財団は1997年にASEM(アジア欧州会合)の常設機関として、シンガポールに設立された。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.