進出・出資・撤退

明電舎、シンガポール子会社が越・配電盤メーカーに追加出資、過半株式取得

投稿日:

明電舎のシンガポール全額出資子会社MEIDEN ASIA PTE.LTD.は2021年4月28日、ベトナムの配電盤メーカーVietstar Industry Corporationへ増資を行った。2020年に株式44.8%を取得済で、今回の追加出資で出資比率を69.7%に高めた。合わせて、Vietstar Industry Corporationの社名をVietstar Meiden Corporationに変更した。

明電舎は、「今回の増資と社名変更により、Vietstar Meiden社の商流・生産能力を最大限に活用し、明電グループとしてベトナム電力市場への参入を図るとともに、Vietstar Meiden社をメコン地域での基幹製造拠点と位置付けバリューチェーンを強化していく」とした。

◇Vietstar Meiden Corporation
【代表者】Mr. Phan Van Nien
【 設立 】2002年
【売上高】約14億円(2020年度)
【業務内容】低電圧・中電圧 配電盤の製造・販売
【従業員数】194人(2020年12月末時点)
【所在地】(本社・工場)ホーチミン
     (支店)ダナン・ハノイ

※関連記事「明電舎、シンガポール子会社がベトナム低・中電圧配電盤メーカーに出資

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.