ニュース 日系機関・企業・社会

大成建設、シンガポールMRTクロスアイランド線一部区間建設工事を受注

投稿日:

大成建設は、シンガポールの国内8路線目となる都市鉄道MRT(Mass Rapid Transit)クロスアイランド線の第1期区間のうちCR105工区(アビエーションパーク駅-ロヤン駅間のトンネル建設工事、延長約3.2km)を、発注者であるシンガポール陸上交通庁(LTA)より受注した。2021年4月23日発表した。

同工事では、LTAのMRT建設工事として初めて大口径のシールド掘削機を使用してトンネルを構築し、2つの軌道が敷設される予定という。

クロスアイランド線の第1期区間は、本島東側のアビエーションパーク地区から中部のブライトヒル地区までの29km全12駅の区間となり、2030年開業を予定している。

受注概要は下記の通り。

【工事名称】シンガポール地下鉄・クロスアイランド線建設工事CR105工区
【施工場所】シンガポール東部
【 発注者 】シンガポール政府 陸上交通庁(LTA)
【基本設計者】ARUP社
【 施工者 】大成建設・中国建築 JV
【工事価格】約290億円(JV全体:税抜)
【工事概要】地下鉄シールドトンネル延長 約3.2km
      詳細設計・施工

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.