ニュース 日系機関・企業・社会

三菱電機、「マレーシアFAセンター」を開設、修理場を併設し3月業務開始

投稿日:

三菱電機は2021年2月15日、マレーシア販売会社Mitsubishi Electric Sales Malaysia Sdn. Bhd.(三菱電機セールス・マレーシア)内に、「マレーシアFAセンター」を開設すると発表した。修理場を併設し、3月1日(月)から業務を開始する。これまで、マレーシアのFA製品のサービスは、主にシンガポールのアセアンFAセンターが担っていた。

発表によると、マレーシアでは、日系企業が多数進出するなど、電気・電子、自動車、食料・飲料等の広範な業種で、FA製品の幅広いサービスに対する要望が高まっているという。

三菱電機は「マレーシアFAセンター」を開設することで、FA製品に関するトレーニング、技術相談、システム提案、修理をタイムリーに提供し、市場ニーズにより迅速かつ柔軟に対応するとしている。

同社広報担当者は「マレーシアFAセンター開設に伴うアセアンFAセンターの組織縮小はない。現状を維持する」とコメントした。

「マレーシアFAセンター」の概要は下記の通り。

【 所在地 】Mitsubishi Electric Sales Malaysia Sdn. Bhd.(三菱電機セールス・マレーシア内)
【 開設日 】2021年3月1日
【サポート地域】マレーシア
【エンジニア人員】21人(うち日本人1人)
【 業務内容 】自社FA 製品のトレーニング、技術相談、システム提案、修理
【主な対象機種】シーケンサ、インバーター、サーボ、表示器、ロボット
【 対応言語 】日本語、マレー語、英語

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.