ニュース 日系機関・企業・社会

シンガポールEffissimoのファンド、サンケン電気株式公開買付開始

投稿日:

ECMマスターファンドSPV2(ディレクター:高坂 卓志)は2021年2月8日、サンケン電気(埼玉県新座市)株式の公開買付けを実施すると発表した。届け出時の買付期間は2021年2月9日(火)~3月24日(水)まで。

ECMマスターファンドSPV2の投資権限及び投資対象の議決権行使に係る権限を持つシンガポールのEffissimo Capital Management Pte Ltd(所在地:260 ORCHARD ROAD,#12-06 THE HEEREN,SINGAPORE,238855、取締役:高坂卓志)とEffissimo Capital Management社が運用するECMマスターファンドの受託者サンテラ(ケイマン)リミテッドが所有するサンケン電気普通株式の合計が発行済株式総数の30.00%となる723万9,443株が上限という。

サンテラ(ケイマン)リミテッドは2月8日時点でサンケン電気普通株式を240万5,000株(所有割合9.97%)を所有している。

買付価格は普通株式1株につき5,205円。2021年2月5日の東京証券取引所市場第一部におけるサンケン電気普通株式の終値は4,525円という。

サンケン電気は2月8日、「今後、本公開買付けに係る公開買付届出書等の内容その他の関連情報を精査した上で、速やかに当社の見解を公表する」とした。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.