ニュース 日系機関・企業・社会

日清食品HD、シンガポール法人の子会社をタイのアジア統括拠点の子会社に

投稿日:

日清食品ホールディングスは10月7日開いた取締役会で、シンガポールの連結子会社NISSIN FOODS ASIA PTE. LTD.(NFA社)が保有する、NFA社の100%子会社NISSIN FOODS ASIA CO.,LTD.(タイRHQ-Asia)以外の全ての子会社株式をタイRHQ-Asiaへ現物出資することを決議した。これによりタイRHQ-Asiaは特定子会社になる。同日発表した。

日清食品ホールディングスは、アジアでの経営・技術の統括的役割として、2020年5月28日にタイRHQ-Asiaを設立。今後、アジア地域で更なる事業拡大を図るため、NFA社が保有するタイRHQ-Asia以外の全ての事業会社株式をタイRHQ-Asiaへ現物出資することにしたという。

この結果、タイRHQ-Asiaの資本金が日清食品ホールディングスの資本金の10%以上に相当することとなるため、特定子会社に該当することとなった。

増資は子会社の再編に伴うもので、業績に与える影響は軽微という。

特定子会社の概要は下記の通り。

【 商号 】NISSIN FOODS ASIA CO.,LTD.
【所在地】2922/283-285 Charn Issara Tower II, 25th Floor , New Petchburi Road, Bangkapi, Huaykhwang, Bangkok 10310, Thailand
【代表者】Managing Director 安藤 清隆
【事業内容】アジアでの中間ホールディングス機能
【 株主 】NISSIN FOODS ASIA PTE. LTD. 100.0%
【設立日】2020年5月28日
【決算月】3月

【増資金額】45億4,200万タイバーツ(約151億7,300万円)(予定)
【増資日】2021年3月までに全ての子会社株式の現物出資を実施(予定)
【資本金】
増資前:1億8,000万タイバーツ(6億2,600万円)
増資後:47億2,200万タイバーツ(約157億9,900万円)(予定)

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.