シンガポール現地 ニュース

シンガポール航空グループ、今後数週間で国内外人員約2,400人削減すると発表

投稿日:

シンガポール航空(SIA)グループは9月10日、シンガポール航空、シルクエア、スクート全体で約4,300の職を削減すると発表した。シンガポールおよび海外の従業員約2,400人を解雇する。

SIAグループはCovid‐19以前と比較して、2020/21会計年度は50%未満の稼働を余儀なくされている。2024年頃まで旅客輸送需要が以前の水準に戻らないとの予測もあり、またSIAは国内線を持たないため世界の大半の主要航空会社に比して基盤が弱いため、事業の存続には大規模な人員削減が必要と判断した。

SIAグループは、2020年3月実施した採用凍結、地上スタッフ、パイロット、客室乗務員の早期退職制度などにより約1,900の職を調整しているため、今回の削減は国内外拠点の従業員約2,400人になると説明している。組合との協議を始めているという。

シンガポール航空の最高経営責任者ゴーチョンフォン氏は、「今年初めにCovid-19との戦いが始まったとき、誰も世界の航空業界に壊滅的な影響を与えるとは予想しなかった。私たちの優先事項は事業を存続し、できるだけ多くの仕事を救うことだったが、復活への道のりは長く不確実性に満ちていることを考えると、残念ながら不本意な人員削減策を実施する必要がある。貴重で献身的な人々を手放すことは、最も困難な決定であり、これは、影響を受ける従業員の強みと能力を反映するものではなく、航空業界を巻き込んだ前例のない世界的危機の結果である。今後数週間はSIAグループの歴史の中で最も厳しいものになる。私たちはこのプロセスを公正に敬意をもって実施し、必要なすべての支援を受けられるように最善を尽くす」とコメントした。

-シンガポール現地, ニュース

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.