物流・ハブ

シンガポールの日系定期コンテナ船ONE、東南アジア/豪州サービスを拡充

更新日:

シンガポールに本社を置く日系定期コンテナ船事業運営会社Ocean Network Express Pte Ltd(ONE)は2019年8月21日、2019年10月からANL、Hapag-Lloyd、Maersk Lineとのパートナーシップを通じて、東南アジア/豪州サービスを2ループ体制(AU1・AU2)に拡充すると発表した。タイのレムチャバン、マレーシアのポートケラン、ジャカルタと豪州を直通し、サービス競争力を高める。

AU1は8,500TEU型船7隻を投入し、レムチャバン出港10月23日(水)からスタートする。

レムチャバン〜タンジュンペレパス〜シンガポール〜ポートケラン〜フリーマントル〜アデレード〜メルボルン~シドニー〜ブリスベン~シンガポール〜ポートケラン~タンジュンペレパス~レムチャバン

AU2は5,700TEU型船6隻を投入し、マレーシアのタンジュンペレパス出港10月25日(金)からスタートする。

タンジュンペレパス~ポートケラン~シンガポール〜ブリスベン~シドニー〜メルボルン~アデレード〜フリーマントル〜ジャカルタ〜タンジュンペレパス

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.