総合

三井E&S造船、三井物産とシンガポール上場企業との中国合弁会社が事業開始

投稿日:

三井E&S造船は2019年8月1日、三井物産と、シンガポールで上場する揚子江船業(本社・中国江蘇省)と合弁で設立した江蘇揚子三井造船(中国江蘇省太倉市)の事業運営を開始したと発表した。

同社は江蘇揚子三井造船を主要拠点の一つとして位置付け、「近年、造船事業は厳しい競争にさらされている中で、世界の造船所はより高性能・高品質の製品を、より良い価格で、よりタイムリーに提供する能力を求められている。江蘇揚子三井造船は、この市場の期待に応えるため、三井物産の幅広い営業力と揚子江船業の豊富な生産力に、当社の高度な技術力を融合させ、国際競争力のある造船業を実現する」としている。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.