総合

ルーデン・シンガポール、不動産プラットフォーム構築完了予定日を延期

更新日:

不動産の内装事業等のルーデン・ホールディングス(東京都渋谷区)は2019年6月28日、シンガポール子会社Ruden Singapore Pte.Ltd.がICO(Initial Coin Offering)により調達した資金を用いた不動産プラットフォーム構築完了予定日を2019年6月30日としていたが、変更(延期)すると発表した。変更に伴って、ユーティリティコインとしてのルーデンコイン取扱開始も変更(延期)する。連結業績に与える影響は現在精査中としている。

①プラットフォーム構築完了予定日 2019年6月30日⇒8月19日
②ユーティリティコインとしてのルーデンコイン取扱開始 2019年6月30日⇒8月19日

Ruden Singapore社がICOにより取得した1,700Bitcoinは売却する予定で、売却により現金化したもの及びICOで調達した40万USドルは、プラットフォーム構築完了及び監査法人による検証ならびに協議を行い、収益認識する予定という。

現在、ルーデンコインはカナダの仮想通貨交換所CCX CANADA.COMで取引されているという。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.