総合

在シンガポール日本大使館、ワークパス関連困り事の事例収集、「解決を支援」

投稿日:

在シンガポール日本国大使館は、在留邦人・企業の就労等環境の改善を目的にワークパス関連の困り事の事例等を収集している。2023年1月16日、「事例によっては当館において解決の支援が可能な場合もある」と呼び掛けた。

シンガポール人材開発省(MOM)は2023年9月以降、Employment Pass(EP)の新規申請に当たり最低給与基準を満たすことに加え、Complementarity Assessment Framework(COMPASS)を導入することなどを発表している。

在シンガポール日本国大使館は、▽EPの申請をしているが、基準期間を大きく超過しても発行されない ▽外国人従業員は人数制限等の関係から採用できず、ローカルでの採用も応募がなく困難――などの例を挙げ、同大使館に連絡するよう呼び掛けた。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.