総合

ECプラットフォーム「Cafe24」、「Qoo10 Singapore」とシステム連携

投稿日:

初期費用・月額・販売手数料無料で国内外へのECビジネス展開が可能なECプラットフォーム「Cafe24」を運営するCAFE24 JAPAN(東京都港区)は2022年8月1日、シンガポールの総合ショッピングモール「Qoo10 Singapore」とシステム連携し、「Cafe24」のECモール一元管理サービス「マーケットプラス」で提供を開始した。

グローバル市場調査機関「Statista」によると、シンガポールの2021年のEコマースの売上は約62億8,000万ドル(約8,680億円) で、2025年には114億5,000万ドル(約1兆5,819億円) への拡大が見込まれているという。

「Qoo10 Singapore」の取扱商品は、ファッション・ビューティ・スポーツ・デジタル・モバイル・ホームリビング・生活・食品・ベビー・エンタメ・ブック・eチケットなど多岐に渡る。

今回の連携により「Cafe24」で製作した自社サイトをECモール出店サービス「マーケットプラス」を通して、追加費用の発生なく、簡単なクリック操作で「Qoo10 Singapore」で商品を販売することが可能となる。

また、「Cafe24」上にある商品データを「Qoo10 Singapore」でそのまま利用できるだけでなく、商品登録・変更や配送、受注情報までを一元管理できる。容量無制限で使えるため、商品数や受注件数に関わらず「マーケットプラス」が備える全ての機能を利用できるという。

CAFE24 JAPANは、「シンガポールのEC市場の中でも価格及び配送競争力が最も高い総合ショッピングモールとの連携により、EC事業者はコストを抑えながら、これまでアプローチできなかったシンガポールの見込み顧客の信頼獲得・認知度の向上に繋げ、更なる販路拡大によるビジネス成長が期待できる」としている。

「Cafe24」は2021年8月より東南アジア最大のECモール「Shopee」とシステム連携を行っており、現在5カ国(台湾・シンガポール・マレーシア・タイ・フィリピン)での販売が可能となっている。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.