総合

サムティ、シンガポール法人が開発中の越ハノイのプロジェクト、販売順調

投稿日:

不動産開発事業のサムティ(大阪市淀川区)は、シンガポールの子会社SAMTY ASIA INVESTMENTS PTE.LTD.がベトナム最大のデベロッパーVinhomesと共同でハノイ市で開発中の「Vinhomesスマートシティ」の「THE SAKURAプロジェクト」においてモデルルームオープンした。2022年7月3日、オープニングセレモニーを実施した。

V8棟とV9棟

「THE SAKURAプロジェクト」は 2021年6月より販売開始。2021年7月の新型コロナウイルス感染症対策による厳格な社会隔離措置の影響で販売活動を縮小していたが、状況が落ち着いた2022年2月下旬より本格的に販売を再開し、699戸の住宅と19店の店舗を擁するV8棟は間もなく完売予定で、 2022年10月の買主への引き渡しに向け準備が進んでいるという。

また、1,103戸の住宅と23店の店舗を擁するV9棟についても、既に56%超の申し込みがあり、販売は順調に推移しているという。

今般、更なる販売促進を図ることを目的として現地にモデルルームを設置した。オープニングセレモニーには300人を超える来場者があったという。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.