気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

商船三井ドライバルク、6月下旬にバイオ燃料で試験航行、シンガポールで補油

投稿日:

商船三井ドライバルクは2022年6月10日、中国総業(広島県福山市)から用船しているパナマックス型ばら積船“C.S. OLIVE”で6月下旬を目途にバイオ燃料を使用する試験航行を行うと発表した。

使用するバイオ燃料は、商船三井とChevron Singapore Pte. Ltd.との間で既に燃料供給契約を締結しており、“C.S. OLIVE”はシンガポール港でISCC(International Sustainability & Carbon Certification)認証の約500トンのバイオ燃料を補油する予定。船舶の既存のディーゼルエンジンの仕様を変えずに使用できるという。

また、原料には適合油以外に20~24%の割合で廃食油を使用し、従来の化石燃料と比べ15%~20%のCO2削減効果が期待できるという。

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.