物流・ハブ

日本郵船グループの重量物船、シンガポール港に向け航行中に遭難船の救助活動

投稿日:

日本郵船グループのNYKバルク・プロジェクト(NBP)が所有する重量物船“Katori”がイタリア・ジェノヴァ港からシンガポール港に向けて航行中の2022年4月27日20時20分頃、スリランカ・コロンボ港の港湾当局から救援要請を受け、スリランカ沖でエンジントラブルにより漂流していた遭難船の救助活動を行い、遭難していた乗組員全員を救助した。

乗組員11人の健康状態に問題はなく、同27日22時頃、“Katori”は救難艇に乗組員全員を引き渡した。

“Katori”の概要は下記の通り。

【 全長 】約138.00メートル
【総トン数】約12,847トン
【 船種 】重量物船
【 船員 】20人(日本人4人、フィリピン16人)
【 船籍 】パナマ
【 船主 】NYKバルク・プロジェクト
【管理会社】八馬汽船

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.