医療・健康 進出・出資・撤退

大日本住友製薬、シンガポール子会社がマレーシア現地法人設立、自販体制構築

投稿日:

大日本住友製薬(大阪市)は2021年12月7日付けで、100%出資するシンガポール子会社 Sumitomo Pharmaceuticals Asia Pacific Pte.Ltd.の100%子会社としてマレーシア現地法人Sumitomo Pharma Malaysia Sdn.Bhd.を設立した。同日発表した。

発表によると、大日本住友製薬は、マレーシアでは現地提携会社を通じてカルバペネム系抗生物質製剤「MERONEM®」(一般名:メロペネム水和物、国内販売名:「メロペン®」)を販売しており、2022年には現在承認申請中の非定型抗精神病薬「LATUDA®」(一般名:ルラシドン塩酸塩)の発売を予定している。

マレーシア現地法人を設立することで、現地提携会社との連携強化と「LATUDA®」を含む今後の新製品の自販体制の構築を目指す。

また、医療現場のニーズを充足するエビデンスを創出、発信することにより開発品と製品の価値最大化を担うメディカルアフェアーズ業務のアジア(日本、中国を除く)統括機能をマレーシアに配置する。

大日本住友製薬は、医薬品の成長市場であるアジアに注力しており、「マレーシア現地法人設立により、マレーシアにおける上市品の価値最大化とアジアにおけるビジネス基盤の強化を目指す」としている。

◇Sumitomo Pharma Malaysia Sdn.Bhd.
【 設立 】2021年12月7日
【所在地】クアラルンプール市
【代表者】纐纈 義隆
【資本金】200万マレーシアリンギット(約5,400万円)
【従業員】11人
【 機能 】マレーシア国内における医療用医薬品の販売、医療従事者に対する製品情報および医学・科学的情報の提供・収集
【 株主 】Sumitomo Pharmaceuticals Asia Pacific Pte.Ltd.

-医療・健康, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.