総合

シンガポール保健省、10月6日深夜以降、日本からの渡航者のSHNは7日間

更新日:

シンガポール保健省(MOH)は2021年10月2日、国境措置の変更について発表した。

10月6日(水)23時59分以降、日本からの渡航者を、SHN期間が7日間の「カテゴリー2」に分類する。自宅や、自身で選んだホテル、家具付きアパートメントでの待機も可能で、7日目にPCR検査を受けることになる。

日本は現在、「カテゴリー3」で14日間のSHN専用施設での待機が必要。3・7・11日目に自身で抗原迅速検査を実施し、14日目にPCR検査を受ける。

「カテゴリー3」から「カテゴリー2」へと分類が変更になるのは、日本のほか、 チェコ、デンマーク、フランス、フィンランド、イタリア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデン。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.