物流・ハブ

川崎重工、シンガポールKUMIAI NAVIGATION社向けLPG運搬船命名式実施

更新日:

川崎重工業は2021年7月28日、シンガポールの日系船主KUMIAI NAVIGATION(PTE)LTD向けに建造中のLPG(液化石油ガス)燃料推進LPG運搬船の命名式を坂出工場で実施した。アストモスエネルギーの矢木勉副社長が“CRYSTAL ASTERIA”と命名し、夫人が支綱切断を行った。KUMIAI NAVIGATION社からは矢内伸明執行役員が出席した。

“CRYSTAL ASTERIA”は、LPGと低硫黄燃料油を燃料とする。日本国内の造船所で建造される初めてのLPG二元燃料LPG運搬船で、2021年内の引き渡しを予定する。

国際海事機関(IMO)による各種排気ガス規制強化が進む中、LPG燃料は重油に代わるクリーンな燃料の一つとして注目されている。特にLPG運搬船マーケットではLPG燃料化が加速している。

“CRYSTAL ASTERIA”の概要は下記のとおり。

【LPG貨物タンク容量】84,229 m3
【 全長 】229.90 m
【 幅 】37.20 m
【 深さ 】21.90 m
【主機関】川崎-MAN B&W 7S60ME-C10.5-LGIP

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.