シンガポール現地 ニュース

シンガポール政府、6月14日・21日(月)の2段階でフェーズ3に戻ると発表

投稿日:

シンガポールCOVID-19複数省庁タスクフォース(MTF)は2021年6月10日、6月14日(月)から2段階でフェーズ3に戻すと発表した。

6月14日から1度に会える人数の上限が5人となる。また、21日から飲食店での飲食が再開される。生活面ではスポーツジムが再開される。ただし、引き続き在宅勤務がデフォルトとなる。

概要は下記の通り。

◇6月14日(月)~

・社会的会合におけるグループ規模の上限を現行の2人から5人とする。ただし、1日2回までとする。

・1世帯あたりの個別訪問者数の上限を現行の1日2人から5人とする。

・アトラクション、クルーズ、博物館、公共図書館の定員を現在の25%から50%に引き上げる。

・映画館、MICE、ライブパフォーマンス、スポーツ観戦イベント ライブやスポーツ観戦イベントを再開。イベント前の検査(PET)を実施したうえで250人まで動員可能とする。50人以下のイベントはPET不要。イベント種類別詳細は各当局が発表。

・ライブパフォーマンスでの仮面を外しての歌唱や管楽器の演奏は引き続き禁止。2021年6月21日再開できる。

・礼拝活動は、PETを使用して250人まで参加できる。50人以下の場合は、PETは不要。宗教活動に関する詳細はMCCYが発表する。

・結婚の儀式は、居住地や婚姻登記所、ムスリム婚姻登記所以外の会場では、PETを使用して新郎新婦を含め250人(業者を除く)まで出席できる。出席者が50人以下の場合はPETは不要。

・自宅で儀式を行う場合は、主催者側の世帯は5人までの訪問者(主催者側の世帯員、挙式者および業者を除く)を招待できる、または合計10人までの出席者(挙式者および業者を除くすべての出席者を含む)を招待できる。結婚披露宴は引き続き禁止で、2021年6月21日以降に再開予定。

・サウナなどマスクなしの個人向けサービスは再開できる。

◇6月21日(月)~ ※今後、状況がコントロールされた場合に限る

・飲食店での食事を再開する。グループ(5人以下)の間に1メートル以上距離を取らなけれなならない。飲食中を除き常にマスクを着用する。取締りを大幅に強化し、違反した場合にはより厳しい措置を取る。

・結婚披露宴は出席者が100人(新郎新婦を含む。業者を除く)以下ならば、全員PETを使用することにより行うことができる。

・ライブパフォーマンスのためにマスクを外しての歌唱、管楽器の演奏は、関連の安全管理措置を条件として再開できる。集会や礼拝でのライブパフォーマンスのために、管楽器の歌唱や演奏を再開できる。

・ジム、フィットネススタジオ、屋内でのマスクなしのスポーツ活動を再開できる。ただし、人と人の間は2メートル以上、5人までのグループの間は3メートル以上の安全な距離を確保しなければならない。スポーツクラス(屋内外)の定員はインストラクターを含め30人で、5人以下のグループで構成する。参加者は、激しい運動を行う場合にはマスクを外しても良いが、感染のリスクを減らすために、可能な限りマスク着用が推奨される。

・18歳以下の生徒を対象とした個人レッスンおよびエンリッチメントクラスは、安全管理措置を強化した上で再開できる。歌や管楽器などの芸術・文化の授業も再開できる。

-シンガポール現地, ニュース

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.