総合

住友商事、シンガポール政府系投資Fと開発する松戸市の商業施設名称決定

投稿日:

住友商事と住商アーバン開発は2019年4月16日、千葉県松戸市の市場跡地でシンガポール政府系投資ファンドGICと共同で進める大型商業施設開発プロジェクトの施設名称を「Terrace Mall(テラスモール)松戸」に決定したと発表した。

今秋の開業を予定し、総店舗数は約180店。市場だった歴史を想起させるつくり、地元大学との産学共同によるキッズスペース、地域名店の出店など、人々が行き交うまち松戸に相応しい「サードプレイス」を目指すとしている。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.