総合

シンガポール保健省、5月12日(火)から段階的にサーキットブレーカーを緩和

投稿日:

シンガポール保健省(MOH)などで構成する複数省タスクフォースは2020年5月2日、厳しい感染防止対策のいくつかを、今後数週間にわたって徐々に緩和すると発表した。

5月12日(火)から▽すべての食品製造(チョコレート等含む) ▽ケーキ、菓子、包装スナックやデザートなどの食品の小売店は、持ち帰りと配達のみ ▽ランドリーサービス ▽理髪店・美容院 ▽ペット用品の小売――は営業を再開する。

また、5月5日(火)から、伝統的な中国医学(TCM)の鍼治療は、プラクティショナーによって不可欠であると評価された痛みの管理を目的とする場合に限り、営業再開が許可される。

登録されているTCMプラクティショナーが常駐するTCM医療施設も、小売製品の販売が許可される。既に漢方薬と調剤サービスは許可されていた。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.