気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

MOLケミカルタンカーズ、MGO専焼エンジン搭載船2隻発注、CO2排出量削減

投稿日:

MOL CHEMICAL TANKERS PTE.LTD.は、ジャパンエンジンコーポレーション(兵庫県明石市)が開発した新型のマリン・ガス・オイル(MGO)専焼エンジンを搭載したケミカルタンカー2隻を下ノ江造船(大分県臼杵市)に発注した。2022年4月19日発表した。

発表によると、同MGO専焼エンジンは、ジャパンエンジンコーポレーションが独自開発した層状水噴射システムを使用、MGO専焼とすることで燃焼を最適化させ、窒素酸化物(NOx)排出量を抑えつつ、二酸化炭素(CO2)排出量の削減を実現した。従来型の主機を採用した船舶より約3%のCO2排出量削減効果が見込まれるという。

発注したケミカルタンカーの概要は下記の通り。

【  全長  】約136m
【  全幅  】約22.5m
【  型深  】約11.5m
【載貨重量トン】約14,900MT

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.