ニュース 日系機関・企業・社会

昭和化学工業、シンガポールに100%出資の販売子会社設立

更新日:

昭和化学工業(東京都港区)は2021年3月23日開いた取締役会でシンガポールに100%出資の子会社Showa Chemical Industry (Singapore) Pte.Ltd.を設立することを決議した。

昭和化学工業はグループ会社の北京瑞来特貿易有限公司(中国の販売拠点)、白山市長富遠通鉱業有限公司(中国の製造拠点)を通じて世界の濾過助剤マーケットへの進出を拡大してきたといい、今後も拡大が見込まれる需要に対応するため、新たにシンガポールに販売会社を設立することとした。

子会社設立が業績に与える影響は軽微という。

同社担当者によると、2021年6月8日時点で設立準備中という。

◇Showa Chemical Industry (Singapore) Pte.Ltd.
【代表者】石橋健藏(代表取締役)
【資本金】130,000シンガポール・ドル(約1,000万円)
【出資比率】昭和化学工業100%
【事業内容】珪藻土及びパーライト製品の販売

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.