ニュース 日系機関・企業・社会

武蔵野大学、シンガポール国立大学など協定校学生に「ビジネス日本語講座」

更新日:

武蔵野大学ランゲージセンター(東京都江東区)は2021年4月24日(土)~6月5日(土)、「ビジネス日本語講座」(100分×全7回)をオンラインで初開講する。コロナ禍で留学できない学生、日本語を使って仕事をすることを志す東南アジアの海外協定校等の学生約60人を対象に、ビジネス日本語コミュニケーションを身につける講座を無料で提供する。

参加大学は王立プノンペン大学(カンボジア)、フエ外国語大学(ベトナム)、タマサート大学(タイ)、シンガポール国立大学。

同大学は2006年度よりビジネス日本語教育の実践と研究を積み重ねてきた。同講座では場面や相手に応じた表現の使い分け、日本企業のビジネスマナーを含む日本企業の文化理解などを中心に教える。

同大学は今回を契機に継続して海外向けオンライン講座を提供していく考えで、広報担当者は「今年度は『ビジネス日本語講座』を引き続き行うが、来年度以降は学生のニーズによって変更する可能性がある。今後、少額(1,000円以下)だが有償化する予定である」と答えた。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.