ニュース 日系機関・企業・社会

三井住友銀行、シンガポール支店COVID-19感染者発生を説明「来客と接点ない」

更新日:

三井住友銀行は3月16日、シンガポール支店(3Temasek Avenue #06-01, Centennial Tower)で13日に、業務委託先である日本総合研究所シンガポール支社の現地協力企業社員が新型コロナウィルス(COVID-19)に感染者が出たことについて、説明した。

それによると、当該現地協力企業社員は同支店オフィスフロアにおいて、会計、システム開発に関する業務に従事していたが、アクセスが制限された場所で業務を行っており、一般の来店者と接点はないという。

また、同支店内の関係エリアは既に消毒を実施済で、濃厚接触者を特定し、自宅待機を指示した。16日は通常通り営業した。

※関連記事
シンガポール保健省、COVID-19新たに17人、三井住友銀行インド人男性退院
シンガポール保健省、三井住友銀行勤務インド人男性COVID-19感染、計200人

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.